2010年08月15日

ふじてんダウンヒル

ふじてんにダウンヒルしに行ってきました。

舐めてました。
イヤラシい木の根でむずかしい。

馬車道コースはなかなか気持ちがよいのだけれど、2本目で走ったRコースで顔着しました。

ふっと飛んで着地して前を見たらでかい凹みが・・・。
!!ッと思った瞬間もろ顔着。
バキッと音がして鼻から顎にかけて痺れるような痛みが。
口の中には血と泥の味。
すぐに起き上がってコース外に出て体各部の感覚をチェック。
問題は無さそう。
歯も折れず、鼻血も出てないからきっと鼻骨もだいじょうぶ。
フルフェイスヘルメットかぶってて良かった。
ヘルメットはバイザーが割れ、チンガード部分もヒビが入っておりました。
ベースにおりてトイレの鏡で顔面の反射チェック。
自分でやってどれだけ意味があるかはわからんけど、とりあえず、明らかな異常はなし。
せっかく来たのだから一日走ることに決定。

その後もちょこちょこ転けつつだんだん調子が出てくる。
いや、だんだん調子に乗ってくる。

馬車道コースは所々ラダードロップやジャンプスポットがある。

ほいドロップ.jpg
へっぽこドロップ。この日は5.5でのバニーホップのタイミングが摑めず。

後半にはアクリル板でできたジャンプ台も2つ。

一つ目のアクリル板ジャンプでそこそこきもち良く飛び、調子に乗る。
二つ目は左コーナーのバームから飛び出す形で作ってあるのだけど、斜めに飛べば、バームの上に着地できそう。と、それなりのスピードで左に曲がりながら突っ込む。
前輪がジャンプ台にかかった瞬間フロントタイヤのグリップがすっぽ抜けた。
吹っ飛んで転がりながら「アクリル板だもの、グリップする訳ないじゃん」と反省。
ボディアーマー着ててよかった。

ジャンプトレイルというかパンプトラックのようなものもある。
テーブルトップのリップはなかなか飛びやすいけど、バックサイドが近過ぎでボトム落ちしてしまう。もうちょっとテーブルのばしてステップアップ気味にしたら楽しそうかもしれないなあ。

ほい.jpg
なんか平和な飛型だなあ。バイザー割れとる。

怪我もしたけれど、たのしかったな。
ふじてん、もう少し手が入ればもっと良いコースになると思われる。
なんて、うまい人たちはスムーズに走ってるから、私自身の精進が足りないのでありましょう。

また走りにいきたいな。

謝辞
HWC Sさま写真ありがとうございます。DLして借用いたしました。

  

 
ラベル:MTB
posted by 回 at 23:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | ダウンヒル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。