2014年05月02日

脛の骨のチタン化

BMXとbowlにハマっておりました。

mizho.jpg


こちらを随分と放置しておりましたが、その間に骨を折っておりました。
脛骨と腓骨をぽっきりと。
某ボウルで撮影中、合間に乗ったフィルマーが骨折。
皆様にご迷惑をおかけいたしました。

(そのとき撮影してた動画が下、フリッカーが。。)

the light of dawn from hoi0610 on Vimeo.






ペダルとリアペグでストールして、ボウルに戻るときの出来事。
飛んで無茶して折れちゃったのではなく、なんか頭と体がうまく繋がってないなあ、乗れてないなあと思いながら、腑抜けた感じでスリップダウン。
滑り落ちる途中、右の靴底が壁にグリップ。
右足に変な角度で体重が乗った次の瞬間。
パーンと高い音がしました。

ボトムまで滑り落ちて、足を見ると爪先が真横を向いている。
両手でつかんで正しい位置に戻してみると、脛の骨がごきごき鳴り、足はぶらんぶらん。


骨折.jpg


すぐさま西脇君が119。
救急隊と西脇君、滑りにきてたスケーターの方、スタッフの方々にボウルから担ぎ出してもらい、救急車で病院へ。
髄内釘叩き込んで、チタンコンポジット脛骨に改造してもらいました。

脛骨治療後.jpg


治り難いことで知られる脛骨骨折。
手術後ひと月経ち、ふた月経っても、くっつく気配が見えません。
そこで、ポータブル超音波治療器セーフス導入。
術後3ヶ月経ってようやく仮骨が見え始めました。
松葉杖も取れて少し光が射してきたような気分でした。

かこつ.jpg


松葉杖が取れたら、やることは一つ。
自転車に乗る。

5cmにも満たない段差が骨折部に響きます。
床の間バイクと化していたフルサスバイクを引っ張り出してフロントフォークを現代化。

DSC02028-2.jpg

随分と細くなっちゃって、まだまだ云うことを聞いてくれない右足。
んでも乗れば乗るほど右足が自分の元に帰ってくるような感じがします。

0429-1.jpg



ちょっとずつちょっとずつ、調子に乗らず、ちょっとだけ無理して、また山と土を楽しめるよう、リハビリ頑張ってみようと思います。

0424-1.jpg



にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

 


posted by 回 at 16:22| 埼玉 ☔| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
痛そうなレ線ですね~(;_;)
セーフス導入ということは難治性って言われちゃってる訳ですね
僕も鎖骨の時に御世話になっちまいました(T-T)

化骨はゆっくりですから焦らず治してください

また素晴らしいride&動画見せてください

お大事に~
Posted by ハグロ at 2014年05月02日 22:35
ハグロさん

骨折経験者なのですね。
身に沁みるお言葉です。
ついつい無茶しがちなのですが、じっくり焦らず治していこうと思います。
コメントありがとうございました。
Posted by ほい at 2014年05月07日 22:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。